NURO光 有償工事 オプション 

NURO光の有償工事(オプション)の費用は?

NURO光の工事は標準の工事の他に、お金を払えばできるオプションの工事があります。

 

通常の工事は、電信柱から、光キャビネットまでの屋外工事と、光キャビネットからONU(ルーター)までの宅内配線が基本です。

 

NURO光の場合、ONUにはルーター機能と、Wi-Fiまで組み込まれていますので、通常はこれで十分です。

 

追加工事が必要になるケースは下記のとおりです。

 

有線LAN工事

7,980円
(2本目以降)
3,000円/本

 

LAN配線工事

 

NURO光の速度を活かすには有線LANの方がやはり良いです。

 

Wi-Fiでも、5GHz帯の11acの規格なら、実効で、500Mbps以上での通信もできるので、有線LANに近い速度も可能です。

 

しかし、安定性などではやはり有線LANにはかないません。

 

このような場合は、宅内工事と同時に工事してもらうことができます。

 

使用するLANケーブルはカテゴリ5eなので、1Gbps(1000BASE-T)の通信速度なので、必要にして十分です。

 

カテゴリー5だと、100Mbpsになってしまい、有線LANの意味が失われますので、これは重要なポイントです。

 

せっかくなら、壁からLANケーブルが直接でているのは見苦しので、LANジャックをつけてもらった方が良いです。

 

この場合は、1ヶ所あたり1,429円追加となります。

 

例)3部屋にLANジャック設置の場合

 

有線LAN工事費:7,980円
追加LANケーブル2本:3,000円×2
LANジャック3ヶ:1,429円×3

 

合計:18,267円

となります。

 

開通工事後に、後からLAN工事だけを頼むことも可能です。
この場合は、作業員の派遣費用として、5,714円が追加になります。

 

NURO公式サイトの案内はこちらからご覧になれます。
NURO光の有償工事

 

電話配線工事

7,980円
(2本目以降)
3,000円/本

 

電話線延長工事

 

ONUと電話の設置場所が離れている場合は、ひかり電話のTAから配線の延長が必要です。
このような場合は、電話配線の延長を申し込む必要があります。

 

既存の光ケーブルや光コンセントの移設工事

14,286円/回

 

すでに設置してある光ケーブルを移設したり、光コンセントの設置場所を変更するには、追加費用が必要となります。

 

 

撤去工事

10,000円
NURO光解約時に通常は、光ケーブルや光コンセントはそのまま残されますが、これを撤去したい場合は、上記の料金がかかります。

 

NURO光の有償工事(オプション)のまとめ

 

上記の工事を宅内工事と別の日に行う場合は、作業員派遣費用として、5,714円追加でかかります。

 

小規模の工事なら、宅内工事の業者が来た時にお願いすればできます。

 

多数の部屋にLAN工事をする場合などは、時間的な制約でできない可能性もありますので、工事日程を決める際に事前に希望内容を伝えた方が良いでしょう。